神話の旅 山陰編 3日目、完結編

今回で完結させたいと思う。
本殿にお参りした後、反時計回りに一周してみる。
IMG_0299.jpg IMG_0314.jpg

本殿の裏へ回ると素鵞社がある。
ここは稲佐の浜から砂を貰ってきてここへ納め、
ここにある砂を貰って帰ると縁起がいいそうな。
右写真は本殿を西側から見た様子。
普通、神様ってのは南を向いてるもんだと思っていたが、
ここの神様は西を向いているらしい。
従って西からお参りすることも出来るようになっている。
しかし、いくら神様とはいえ、一日中西だけを向いているだろうか?
北や東も向きたくなったりするんじゃなかろうか?w

左の写真は本殿の左右(東西)にある、神々のホテルらしい。
神在月に出雲大社へ集まった神様たちはここに泊まるらしい。
見た感じからするとアパホテルとか東横インって感じかしら?
IMG_0318.jpg IMG_0335.jpg

で、一周したので西隣にある神楽殿へ行く。
ここの注連縄のデカさは半端じゃない。というのが旅番組などで再三見た。
期待して行ってみたが、あまりにも「デカいデカい」と聞きすぎ
度肝を抜かれるほどってわけではなかったw
でも迫力あるよ。

お参りが終わったのであとは帰るだけだ。
このあと、参道の店でぜんざいを食ったのだが、
暑さの後で冷やしぜんざいを食ったので、その涼しさに浮かれて写真を撮り忘れたw

電車まではまだまだ時間がある。
なので出雲市駅へ行き、駅前の温泉で汗を流した。
その後でレンタカーを返却し、16時30分の電車で帰路についた。
ワシの決断が早ければ安く、楽に往復飛行機を使えたのだが、
モタモタしている間に、航空券の値段が上がってしまった。これは反省。

という事で出雲市から特急で岡山まで行き、そこから新幹線で帰る。
左写真は車窓から撮った斐伊川
この川は昔、暴れ川で、上流では砂鉄が取れるらしい。
IMG_0367.jpg IMG_0369.jpg

ヤマタノオロチとはこの川の事だったのではないだろうか?と思いながら旅を続ける。
そして、ようやく、宍道湖を写真に収めることができた。
夕日を見られなかったのは今回の反省点だなぁ。

「帰るの嫌だなぁ」と急速に鬱になりながら乗っていると
豪華寝台列車の瑞風が駅にいた。
松江か米子の駅だったかなぁ。
存在感のある車体で、最後尾の展望席でお金持ちっぽい人が手を振っていた。
IMG_0379.jpg IMG_0386.jpg

そして最後の最後でようやく大山のお姿を拝することができた。
これで当初、目標としていたことはほとんどできたことになる。
記事も複数回に分けて長くなったが、ここまでお付き合いいただきありがたや。
またどこかアツいところへ行けるかしら?

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 山陰 島根 神社 出雲 大山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山田セーヤ

Author:山田セーヤ
東京・西多摩地区在住。
34歳、ニート。
生涯獲得賃金200万円以下。

趣味(というか暇つぶし)
・エコドライブ
・スポーツ観戦
・音楽鑑賞
・ベースを弾く(下手くそ)

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク