オーストラリアは経験値を大幅に上げた

コンフェデレーションズカップが行われています。
各大陸選手権の王者と開催国(ロシア)、W杯優勝国としてドイツが参加。
全8か国で争われるんだけども、もう決勝を残すのみ。

で、タイトルの通り、オーストラリアはアジアカップ優勝枠で出場。
ドイツカメルーンチリと対戦しますた。
『経験値』という点ではW杯の決勝トーナメントに進めるようなチームと3連戦。
これを経験したら8月、「あれ、日本のプレッシャー大したことねぇな…」
という事にならないか心配である。

悲観的過ぎるかもしれないが、確か南アフリカのW杯が終わった次の代表戦、
ワシは「W杯に出場した選手としなかった選手、プレーに差があり過ぎる!
って感想をここで書いた気がする。
90分×3試合。たったの4時間半で大きく成長した感じがした。
オーストラリアはこれに近い経験をして8月31日に臨んでくるのだ。

もう一点、オーストラリアの攻撃力が上記の強豪国にもそこそこ通じていたこと。
特にサイドからの攻撃は強烈で、危険な場面を作り出していた。
これは日本の守備も大変だと思う。
ホームとはいえ、まだ残暑が厳しい時期、守りに追われて体力を消耗しないだろうか…?

逆に弱点もあった。
中盤が結構攻撃的に来るので、特にカウンターに対しての脆さがあったように思う。
取られた後、スペースが大きくあるので対戦国は中盤をほぼ素通り、
DFラインまで一気に迫られるという場面が見られた。
日本がそこまで鋭いカウンターを仕掛けられるかは別問題だが…。

という事でコンフェデレーションズカップを見た限りで8月31日を考えると、
オーストラリアの攻撃を上手くしのいで、カウンターで脅かす。
ボールを持たない時にどれだけ主導権を握るか
そこが勝負のカギになるかしら?

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

tag : 日本代表 サッカー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山田セーヤ

Author:山田セーヤ
東京・西多摩地区在住。
34歳、ニート。
生涯獲得賃金200万円以下。

趣味(というか暇つぶし)
・エコドライブ
・スポーツ観戦
・音楽鑑賞
・ベースを弾く(下手くそ)

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク