桜満開

と言ってもワシのとこはまだ咲き始めだけどなw
短歌の方は相変わらず一日一首、続いている。
そろそろ『趣味』と言ってもいい段階に入っているだろうか?

いや、特に勉強するとかこだわりを持ってるわけじゃないし、
仕事の合間に気分転換などで作ってるわけじゃないから
暇つぶし』がせいぜいと言ったところだろうか?

という事でここ10日くらいの間に作ったものを晒す。マルセロ・サラス
雲が去り、光が戻る、その刹那、再生の歓喜、色鮮やかに
雨がそれが止んで晴れる瞬間を切り取ってみた。
それまで乾燥した日が続いて周りが「枯山水」の様相を呈していたので
「草木も喜んでるよ~」的な?

もう一度、「行かねばならん」と、伊勢参り、計画立つも、先立つものなし
「立つ・立つ」と韻を踏んでみた感じ?
先立つものが無いくせに、計画ばかりが頭に浮かぶから始末が悪い。。。

それぞれの、門出を祝う、桜雨、希望育み、不安を洗え
「門出」って言葉は個人的に卒業式のイメージだったんだが、
調べてみると卒業に限ったものではなく、「新たな出発」という意味らしいな。
桜雨』という言葉(桜が咲くころに降る雨のこと)も気に入ったので使ってみた。

風清く、日差し明るき、春の午後、庭に溢れる、命の躍動
昨日、4月4日は二十四節気の一つ『清明』という日(時期?)だった。
それにちょっと掛けてみたという次第
万物がすがすがしく美しいころ」(ウィキペディアより)という意味らしい。
正直、下の句は気に入っていない。
命の躍動』とか、ワシとしたことがちょっとメルヘンチックな言葉を使うなんて!
それに花粉だらけで「風が清い」だなんて思ってないんだからねっ!!

今回はこんな感じである。
文章だけじゃつまらないから写真でもつけてみたいところだけど、
花粉が収まらないとなかなか出歩くのも嫌だなぁ…。。。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 短歌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山田セーヤ

Author:山田セーヤ
東京・西多摩地区在住。
34歳、ニート。
生涯獲得賃金200万円以下。

趣味(というか暇つぶし)
・エコドライブ
・スポーツ観戦
・音楽鑑賞
・ベースを弾く(下手くそ)

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク