戦いながらチームを作るという段階

11月の連戦が終わりますたな。
親善試合のオマーン戦で色々試して
昨日のサウジアラビア戦が本番。

ここまでの予選、「ちょっと悪い」くらいだとワシは言っていたけど
今回、サウジに勝ったことによってイーブンにまで戻せたと思う。
来年は中東勢とアウェーで戦わなければならないから
そこでどこまで勝ち点を伸ばせるかの勝負になってくるな。

さて、今回の連戦の事を考えると、一番大きな変化は香川と本田がベンチになったこと。
二人とも所属チームで活躍できず、代表でも期待されたプレーが出来ていなかった。
それもあってか、サウジ戦は前線の構成がFW大迫、2列目原口、清武、久保となったわけだ。

久保に関しては経験が浅いという事もあってなかなかうまくいかない部分もあったが、
残りの3人はかなりいい仕事をしていたと思う。
大迫が前線で頑張り、清武が変化を付けて、原口が攻守に駆けずり回る。
エネルギッシュで調和のとれた攻撃を見せていたと思う。

オシム監督のサッカーじゃないけど、やはりブルーカラー的な選手がもっと必要だ。
サッカーにおけるブルーカラーとは体を張ったり、運動量でチームを助ける選手。
原口や長友、山口蛍あたりがそういう感じになると思う。
サウジ戦を見ると右サイドの攻撃的な位置にはもっと運動量を期待したい。
大迫が前線でボールを収めて清武がチャンスを作り、
両サイドが仕上げ(シュートやラストパス)をする。そういう形を見てみたい。

オマーン戦でその形の片鱗を見せて、より厳しい試合のサウジ戦でも
その雰囲気が出せた。これを続けてほしい。
後は大迫や原口、清武が不調にならないことを祈るw

来年の予選、さらに本大会(敗退する気はサラサラない!)、
よりチームとしての凄みを増すために必要なのは、
まず山口蛍の攻撃面での成長と戦術面の成熟
山口はボールを奪う力は素晴らしい。
しかし、せっかく奪ったボールをパスミスで簡単に相手に渡したり、
奪いに行くことに集中しすぎて危険なゾーンをがら空きにしてしまったりしている。

今は長谷部がそういう部分を穴埋めしてくれているが、
山口がもっとクレーバーかつ確実なプレーヤーに成長すれば
日本は攻守においてもっと楽になるはずである。

後は香川と本田の復調ですな…。
香川はサウジ戦、「そもそもいたのかよ?」という程存在感がなく、
攻撃ではロクに絡めず、守備では深追いして交わされ、
ただでさえ疲れている中盤の前をがら空きにしていた。

本田は後半頭から右サイドに投入されが、上にも書いたようにとにかく遅い!
ボールを追いかけたいたら後ろから来た相手の選手に追い越されるとか論外。
さらに持ち場(右サイド)から離れてボールを欲しがり、
相手ボールになってからも戻るのが遅くて右サイドは大いに苦労していた。
2点目に絡んで何とか面目を保った(?)ものの、正直45分も出したのが不思議でしょうがない。

次の予選の試合まであと4カ月ほど、「見えた」形を基本に、
それに拍車をかける選手がどれだけ出てくるか、
既存の選手がどれだけ巻き返すのか、その点が気になる連戦でした。

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山田セーヤ

Author:山田セーヤ
東京・西多摩地区在住。
34歳、ニート。
生涯獲得賃金200万円以下。

趣味(というか暇つぶし)
・エコドライブ
・スポーツ観戦
・音楽鑑賞
・ベースを弾く(下手くそ)

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク