『I Love パチンコ!!』

の印象が強い(?)、俳優のニコラス・ケイジ
テレビで彼が出ている映画を見ていると、ある共通点に気づく。

彼は作中、非常によく走る。見るたびに走っている
最近見たのは『60セカンズ』という映画。
「伝説の車泥棒が弟のために仲間とともに車を盗みまくる」
という感じの映画。アンジェリーナ・ジョリーも出ていたよ。

知能犯的な感じかと思ったら、この映画でも途中で走っていた。
特別走るのが速そうにも見えないし、走ってる姿も別に格好良くもない。
しかし、番組表でニコラス・ケイジの映画があるとわかると、
この映画は走るのかな…?」と期待してしまうのである。
もう彼が走らない映画は外れに思うかもしれないw

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

プレッシャーがかかる残り2試合

サッカーW杯予選について。
まず、日本のプレーオフ以上が決まりましたな。

昨日のイラク戦、色々事情があるようだが、
正直、サッカーをやるコンディションではなかった。
しかし先制したし、勝っておきたかったのは間違いない。
負けていい試合なんてないんだけどさw

例年の予選の結果だと、もう突破が決まっていてもおかしくない勝点なんだが、
3強、3弱のような形になったことで上位はもつれていますな。
いずれにせよ、残り2試合で勝点3、つまりどっちかの試合に勝てば決まり(確か)。

問題は勝点3が取れるのかどうか?
相手はホームでオーストラリア。アウェーでサウジアラビア。
グループ内の上位チームと連戦しなければならない。
昨日、引き分けたことで最後の山場が来たという感じか…。

結局は8月末時点でのコンディション次第だと思うけれど、
監督には冷静な人選をお願いしたいね。
なぜ、テストマッチのシリア戦から大幅に構成を変えてイラク戦に臨んだのか?
怪我人もいたけど、そこを入れ替える以上の事をしているように見えたので不思議だ。
テストした意味ないじゃないか。

もう華麗なプレーとか「自分たちのサッカー」みたいなのは
とりあえずいらないのでとにかく出場権をもぎ取っていただきたい。

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

tag : サッカー 日本代表

職質されたら終わり?

2日に久々の献血をした。
翌3日。腕を見たら内出血していた。

まぁたまにあるけど、そのうち収まるだろう。
しかし半袖を着るようになったこの季節。
街を歩いていたら警察に止められて
君、この腕どうしたんだね?え、無職!?ちょっと署まで…
となりかねない。

最近は庶民でも簡単にしょっ引かれる時代なんでしょ?
しばらく長袖着るか部屋に引きこもるしかないな…。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

暗い歌しか浮かばない奴

そんな感じで今回もさらす。

哀しきかな、日がな一日、待つ老翁、期待を胸に、「妻がもう来る」
ばぁさんの見舞いに行くといつもいる爺さん=老翁。
いつ行っても「妻がもう来るころなんですけどねぇ…」と言っている。
本当に妻が来ているのか、それとも…なのかはわからない。
でも、こういうのを見ていると男というのは結局のところ妻がいないとアカンのかな。
死んだ爺さんも、ワシの親父も「お母さん(=妻)はどこいった?」といつも言っている。
ワシもいつかはそうなるのだろうか…。。。

心して、心に決めた、生き方を、阻む心も、我が心なり
短歌っていうより、格言ポイ感じがしないでもないが…。
結局のところ自分との戦いだよな?

すべからく、分を尽くして、皆暮らす、我分尽くさず、分弁えず
みんなさんは日々、分を尽くしていますか?
昔の人は尽くすべき分が明確だった。そしてそれを弁えていた。
それは不自由だったのかもしれないが、わかりやすくもあった(はず)。
自由すぎて不自由という矛盾を克服したいものですなぁ。

喜楽追い、怒哀避ければ、避けるほど、気楽さ無くし、夢間遠なる
喜楽と気楽。
怒哀と間遠をかけたかったんだけれども、喜怒哀楽という順番を守ると
哀怒とはできなかったこのテクニックのなさ…w

自らの、足で立つこと、叶わねば、望む暮らしも、叶うことなし
元々はバァさんが自宅に帰りたがってるが、
足が萎えて自力でトイレとかも行けず、従って自宅に帰れない。
というところから思いついたのだが、
別の意味でワシの体たらくにも当てはまるような気がした。
でも冷静に考えて、人生は自分の足で立たなければいけないのだろうか…?

そんなこんなで今回もさらしてみた。
最近、真夏のような暑さが続いていて生きる気力もわかないのである。。。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 短歌

都会では売れているのかしら?

これからどんどん暑くなりますなぁ。
それに向けてどうせ買えないけど、夏用のズボンをユニクロで試着してみた。

ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツっていうの。
肌触りに伸びもよくて通気性もあり、夏にピッタリのズボンて感じだった。
ただ、名前の通り、アンクル、くるぶし丈のズボンなんだな。。。

都会の洗練された若者はこういうのをサラッと着こなすんだろうけど、
田舎のオジサンはこういうのをどう着こなしたらいいのかわからない。
ズボンだけ洗練されて、靴と見えている靴下が野暮ったいまま

これを穿くなら選択は二つ。
足下が野暮ったいままでも気にしない
ズボンに合わせて靴や靴下もそれっぽくする

まぁワシがやるなら①のほうですなw
ユニクロに言いたい。この素材で普通の丈のズボンも出してくれ!w
いや、あるみたいなんだけど、チノパンみたいな線が入ったやつしかない。
だから、線が入って無いやつ出してくれw

テーマ : メンズファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : ユニクロ

プロフィール

山田セーヤ

Author:山田セーヤ
東京・西多摩地区在住。
34歳、ニート。
生涯獲得賃金200万円以下。

趣味(というか暇つぶし)
・エコドライブ
・スポーツ観戦
・音楽鑑賞
・ベースを弾く(下手くそ)

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク