サバイバルレースの開始

W杯出場が決まって最初の国際試合が行われる。
ニュージーランド、ハイチと2試合行われるが、
メンバーを見るとあまり変わり映えがしない気もする。

監督の中では予選を見て大体のメンバーが決まっていると思うが、
今回活躍→11月の欧州遠征(ブラジル、ベルギー)で使われる→その結果次第
という感じか。
11月はW杯本番を想定していると思うし、そういう試合で戦えるのかどうか?
っていうのは確実にはっきりすると思う。

つまり11月の内容を見て大体決まる。
今年は12月にも北朝鮮、中国、韓国と日本を大嫌いな国々(関係ないかw)
とやるんだけども、ここは追試の場、最後の滑り込みがあるかどうか。
という感じになるんだろうな。

今回、本田が今更感ありまくりの「コンディション不良」を理由に外されたようだけども、
同じくチーム内での立場が危うくなりつつある香川がどういうプレーをするかは注目だな。
チームでは芸術的なループシュートを決めて調子が上向いているようだ。
それを代表でも証明して来月につなげられるのだろうか…?

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

単なる作業でも学ぶことはある

先ほど親から
「おい、ゴクツブシ。もう涼しくてスダレはいらないから外しておけよ」
と命令された。

我が家のスダレはホームセンターで買ったものを
針金で止めるだけという簡素なものだ。
作業自体は5分ほどで終わったのだが、
丸まった針金を来年、再利用するために伸ばしていたら思っちゃった。

針金は糸などと違って一度丸めてしまうと同じ長さに戻すのはまぁ無理だ。
となると何年も使っていくと徐々に丸まってる所が増えて短くなってしまう。
もし、新しい針金を付けるときにケチって短めにして使っていたら、
次の年に再利用することは難しくなってしまう。

そうなったら結果的に勿体無い事になってしまうのではなかろうか?
なれば最初は余分に使っておいて、丸まっても翌年、
翌々年と使えるようにした方が結果的にお得になる気がする。

「勿体無い」という言葉はよく考えて使わないと
いけないんだなぁ、と思ったのである。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

横綱ってのはやっぱり凄いんだなぁ

相撲が終わりましたな。
豪栄道がトップを走り続けて、このまま優勝か?
と水曜日くらいまでは思っていた。
しかししかし、優勝への重圧か?終われるものの恐怖心か?
豪栄道は終盤、格下相手に取りこぼしてしまいましたなぁ。

逆に優勝した日馬富士は序盤、休場も心配される状態だったけど、
まさに尻上がりに調子を上げての優勝。
横綱、大関が休場しまくる中でしっかり役割を果たしたと思う。
本当だったら日馬富士も休場してもおかしくないくらいの状態だったとか。
一人横綱としての自覚が優勝を引き寄せたかしら?

昨日。千秋楽の取組を見ていたけども日馬富士は鬼の形相っていうよりも
静かに気合が入っている、極限の集中状態に見えた。
擬音で言うなら『ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・』かな?w

にしても横綱、大関の大量休場は残念でしたなぁ。
まぁそのおかげで若手が名を揚げたともいえるんだけど。
やっぱり年6場所で合間に巡業もこなすってのは負担が大きいのかしら?

「みんな体が大きくなり過ぎだ」って見解もあるみたいだけど、
本当に大事なのは本場所でみんなが力を出せる事じゃないかしら?
そう考えたら「鍛え方が足りない」とか力士の努力だけのせいにするんじゃなくて
上記のような問題についても少しは考えてほしい気もするよね。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

tag : 相撲 日馬富士 豪栄道

神話の旅 山陰編 3日目、完結編

今回で完結させたいと思う。
本殿にお参りした後、反時計回りに一周してみる。
IMG_0299.jpg IMG_0314.jpg

本殿の裏へ回ると素鵞社がある。
ここは稲佐の浜から砂を貰ってきてここへ納め、
ここにある砂を貰って帰ると縁起がいいそうな。
右写真は本殿を西側から見た様子。
普通、神様ってのは南を向いてるもんだと思っていたが、
ここの神様は西を向いているらしい。
従って西からお参りすることも出来るようになっている。
しかし、いくら神様とはいえ、一日中西だけを向いているだろうか?
北や東も向きたくなったりするんじゃなかろうか?w

左の写真は本殿の左右(東西)にある、神々のホテルらしい。
神在月に出雲大社へ集まった神様たちはここに泊まるらしい。
見た感じからするとアパホテルとか東横インって感じかしら?
IMG_0318.jpg IMG_0335.jpg

で、一周したので西隣にある神楽殿へ行く。
ここの注連縄のデカさは半端じゃない。というのが旅番組などで再三見た。
期待して行ってみたが、あまりにも「デカいデカい」と聞きすぎ
度肝を抜かれるほどってわけではなかったw
でも迫力あるよ。

お参りが終わったのであとは帰るだけだ。
このあと、参道の店でぜんざいを食ったのだが、
暑さの後で冷やしぜんざいを食ったので、その涼しさに浮かれて写真を撮り忘れたw

電車まではまだまだ時間がある。
なので出雲市駅へ行き、駅前の温泉で汗を流した。
その後でレンタカーを返却し、16時30分の電車で帰路についた。
ワシの決断が早ければ安く、楽に往復飛行機を使えたのだが、
モタモタしている間に、航空券の値段が上がってしまった。これは反省。

という事で出雲市から特急で岡山まで行き、そこから新幹線で帰る。
左写真は車窓から撮った斐伊川
この川は昔、暴れ川で、上流では砂鉄が取れるらしい。
IMG_0367.jpg IMG_0369.jpg

ヤマタノオロチとはこの川の事だったのではないだろうか?と思いながら旅を続ける。
そして、ようやく、宍道湖を写真に収めることができた。
夕日を見られなかったのは今回の反省点だなぁ。

「帰るの嫌だなぁ」と急速に鬱になりながら乗っていると
豪華寝台列車の瑞風が駅にいた。
松江か米子の駅だったかなぁ。
存在感のある車体で、最後尾の展望席でお金持ちっぽい人が手を振っていた。
IMG_0379.jpg IMG_0386.jpg

そして最後の最後でようやく大山のお姿を拝することができた。
これで当初、目標としていたことはほとんどできたことになる。
記事も複数回に分けて長くなったが、ここまでお付き合いいただきありがたや。
またどこかアツいところへ行けるかしら?

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 山陰 島根 神社 出雲 大山

神話の旅 山陰編 3日目、その2

ようやく参拝する…前に飯を食うw
今回の旅の食い物の課題は海鮮、シジミ、出雲そば、ぜんざい、としていた。
写真には無かったが、海鮮は初日の皆生温泉で、シジミは宍道湖のほとりで
それぞれクリアしていた。

最終日の昼飯で出雲そばに挑む。
出雲大社の目の前にはソバ屋、土産屋などが何件もある。
竹内まりやの実家だという旅館もある。
IMG_0273.jpg IMG_0270.jpg

ということでソバ屋に入る。
十割蕎麦を出す店で、昼時とあって平日にもかかわらず10人近く並んでいた。
出雲そばというのは基本3段重ねらしく、一段目に薬味をチラシ、蕎麦ツユをかける。
一段目を食べたら余ったツユを二段目にかけてまた薬味をチラシ、足りないツユをかける。
その繰り返しで三段目まで食べていくもののようだ。
ワシは腹が減っていたので四段を頼んだ。
薬味は鰹節(だったかな?)と海苔とネギとモミジおろし。
モミジおろしと鰹節がワシにとっては新しく、また美味かった。

さて、お参り。ここは神社にしては珍しく、参道が下っている。
下っている理由については説明するのも面倒だ。テメェで勝手に調べやがれ。
これはワシの言葉ではなく、ベジータさんの言葉であることを断っておく。
IMG_0277.jpg IMG_0283.jpg

参道を下ると松の並木があり、クソ暑い中でも木陰を歩くと涼を得ることができる。
これからお参りできると思うと万感の思いを持つ人もいると思うが、
ワシはまぁ普通に「辿り着いたな…」という感じで歩みを進めました。

拝殿(確か)と本殿(右写真)の様子。
IMG_0288.jpg IMG_0291.jpg

本殿手前を見てくれたまえ。
ここが前回、博物館に展示のあった木の柱があったところらしい。
本当に昔は48メートルあったのだろうか?
48メートルって今でも結構デカいぞ?
などと思いつつ「ようやく来ることが出来ました」とお参り。
出雲大社って2拝4拍手1拝なんだよね。
この理由についてもそれぞれ自分で調べやがれ。

お参りが終わったので一旦終わりにするか。
最終回じゃないぞぃ、話はもうちっと続くんじゃ。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 山陰 島根 神社 出雲 蕎麦

プロフィール

山田セーヤ

Author:山田セーヤ
東京・西多摩地区在住。
34歳、ニート。
生涯獲得賃金200万円以下。

趣味(というか暇つぶし)
・エコドライブ
・スポーツ観戦
・音楽鑑賞
・ベースを弾く(下手くそ)

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク